離婚問題のいざこざは弁護士へ相談【ハートすっきり婚】

原因もある

資料とペン

家族になるために、結婚をしますがトラブルが絶えず起きていると離婚を考えることがあるでしょう。暴力や不倫の場合もそうで、離婚が難しい場合は法律に詳しいプロの弁護士に相談してみましょう。間に入ってくれます。

年齢が上がっている

仕事中の男性

若い人も離婚するケースがありますが最近は、熟年離婚が増加傾向にあります。更に、年金も財産分与に入っているので弁護士の需要も高まっていますが相談をするだけでも気持ち的に楽です。

力になってくれる

ビジネスウーマン

紙切れ一枚で繋がっているとはいえ、離婚は結婚よりも難しいです。問題も山済みなので気軽に相談が出来る弁護士の活用が良いでしょう。また匿名で相談したいならネットを上手に活用していきます。

問題を悪化させない

会議室

これから一緒に暮らしていく夫婦にトラブルはつきものです。離婚専門の弁護士は豊富な知識を持っているので問題解決へと導いてくれます。

夫婦トラブルは知識を持たずに解決することは難しいです。離婚専門の弁護士に相談をしましょう。リーズナブルな料金で依頼できます。

弁護士費用はどれくらい高いか

最近弁護士への離婚依頼件数が増加しています。しかし「弁護士費用は高い」というイメージがあることから依頼をためらってしまうケースもありますが、どのくらい高いのでしょうか。 まず離婚そのものだけを依頼する場合は着手金と報酬で40万円〜70万円、訴訟になると50万〜100万程度でしょう。これが基本で、慰謝料や養育費、親権争い、財産分与などが絡むと料金が増加します。また依頼者の経済力や事案の複雑さも弁護士費用が増減する要因となります。 ネットの普及によりホームページに基本的な費用を載せている弁護士も多いです。載っていなくても見積もりは出してもらいましょう。逆に見積もりを出してくれない弁護士は依頼しない方が良いかもしれません。

離婚専門なら誰でもよいか

近年ライフスタイルの変化や女性の社会進出が進んだことから増加傾向にある離婚。最近では3組に1組の夫婦が離婚するという統計結果があります。またドラマやワイドショーなどで頻繁に離婚が取り上げられることにより、以前よりも離婚に対する敷居が低くなったことも原因の一つでしょう。 そのため離婚を専門とする弁護士が増えてきました。しかし離婚専門と言っていればどの弁護士も同じかというと、そんな訳でもありません。 弁護士を選ぶポイントは色々ありますが、一番大事なのは相性です。いくら知識や経験が豊富でも、相性が悪かったら依頼者のストレスが溜まるだけでしょう。最近では無料相談を行っている弁護士も増えていますので、それを利用して会って話をしてみましょう。そうすればある程度の判断はできるはずです。 人生の一大事に力になってもらうのですから、弁護士選びは慎重にしたいものです。

離婚は弁護士に相談するのが一番です。話し合いを有利に進めて慰謝料の金額などを満足できるようにしましょう。

オススメリンク

  • ベリーベスト法律事務所

    親身になって相談を聞いてくれるので離婚を弁護士に話したいと考えているならサイトからとなっています。気になる人はチェック!